検索
  • 岡島幸男

【見学レポート】ノベルズ様のScrumチーム

最終更新: 2019年12月12日

岡島です。


12月9日と10日の二日に渡って、十勝を中心に持続可能な農業を推進(2万8千頭以上の牛を飼育!)されているノベルズ様および、一緒にチームを組まれている会社の方々が、Agile Studio Fukui にご見学にいらっしゃいました。


「牛屋の牛屋による牛屋のためのIT」というビジョンを掲げ、様々な業務のIT化とDXに果敢に取り組まれているチームです。


11月にオープンした、お客様との共創拠点であるASF Co-Class(愛称:新館)を中心に、お互いにどのような取り組みをしているのかの紹介から始まり、「本館」と呼ばれるリモートアジャイル開発拠点である Agile Studio Fukui、「別館」と呼ばれるフリースタイルのワークスペースである、IDEA hack. を見学いただき、そこで働く現場のエンジニアとの情報交換と議論をさせていただきました。


ノベルズ様は、最近リモート(北海道と東京)でのアジャイル(Scrum)開発への取り組みを本格化されたとのことで、ユーザーストーリーの粒度やタスク分割のコツ、長時間モブプログラミングの是非、リモート開発で利用しているツール等、とても具体的な質問や意見交換が行われていたことが印象的です。

ノベルズの西谷さん、富澤さん、開発を支援されている北海道のソフトウェア会社GuGuの坂口さん、藤丸さん、夜久さん、市村さん、同じくニッポンダイナミックシステムズの妹尾さん、福永さん、そして、匠BusinessPlaceの会長であり、ノベルズのICT戦略相談役の萩本さん。

今回いらっしゃったのは、いわゆる「内製エンジニア+協力会社」という組み合わせの混成チームでしたが、とてもチームワーク良く、改善のために普段から率直な意見交換をされていることが想像できました。


ディスカッションとQ&Aには平鍋と私も参加させていただき、Scrumにおける教科書的な回答から、実際の現場でのリアルを踏まえた発展的な意見まで(「守・破・離」ですね)、様々な話題と事例が飛び出す刺激的な時間になりました。今回のご見学での体験が、少しでもノベルズチームのためになればハッピーです。


Agile Studio Fukui では随時見学を受付中です。知りたいこと、期待感等を添えて、お気軽にお申込みください。


157回の閲覧
ASF_logo_line.png
  • Facebook

 お電話でのお問い合わせはこちら

0776-25-8488

平日10:00~17:00まで。セールス目的のお電話はご遠慮ください。 

set-baseE_Y.png
ITS_logo_sign2.png

​株式会社永和システムマネジメント

​ITサービス事業部

 〒918-8231 福井県福井市問屋町3丁目111番地
 

© 2019 ESM, Inc.