検索
  • 片岡 亮

【共創・共育】DBIC講演レポ

2020年1月27日 東京・日本橋にあるデジタルビジネス・イノベーションセンター(以下、DBIC)にて、Agile Studio Fukui(以下、ASF)とANAシステムズさまとのコラボイベントが開催されました。


今回、DBIC主催のイベントに、代表の平鍋とディレクターの岡島が、『チーム全員がイノベーションを生み出す人に変わるアジャイル開発 〜 永和システムマネジメントとANAの取り組み』というテーマでお話をする機会をいただき、ANAシステムズさまから、デジタル・イノベーション部の室木さんと熊谷さんをゲストにお招きする形で実現しました!(イベント案内ページ



会場には50名を超える方々が詰めかけ、アジャイル開発の注目度が高まっていることをあらためて実感しました。(DBICイベントとしても最大規模の参加者とのこと!)


講演では、平鍋の『DX時代の内製化とアジャイルなサービスづくり』についてのお話から始まり、続いて岡島が『ワンチームでイノベーションを起こすために一緒に取り組んできたこと』というテーマで、ANAシステムズさまとの取り組み事例をお話しました。



超のつくスピード感が求められるプロジェクトで、ASFのエンジニアがどう取り組んできたのか、現場の声を取り上げつつ重要なエッセンスをお伝えすることができたように思います。


特に注目すべきは、多くのステークホルダーが集うスプリントレビューの場における弊社エンジニアの立ち回り方です。矢継ぎ早に発生するフィードバックに対して『持ち帰り検討』せずに、エンジニア側から解決策や代替案をその場で提案することで、徐々にお客さまとの信頼関係を構築していく。そういった取り組みが、アジャイル開発の成功に結びついていったことをお伝えしました。


つづいては、私たちと一緒にアジャイル開発に取り組んでいるANAシステムズの室木さんと熊谷さんから、プロダクトオーナの視点で、今回、ASFとアジャイル開発を始めるまでの経緯や、現在の状況・工夫した点などを中心としたお話をいただきました。


熊谷さま(左)と室木さま(右)

お二人には、私たちの『共創・共育』への取り組みに共感いただき、昨年の夏から『リモートアジャイル開発』のご利用を皮切りに、『アジャイル共創』をテーマしたイベントも、東京と福井で2回実施させていただきました。現在も、様々なアプリケーションの開発に一緒に取り組む中で、私自身も営業として関わりが深いお二人からの熱い想いをあらためてお聞きすることができました。


特に『業務に携わる人々が、やりがいを持って、持続的に働ける風土や仕組み作り』を『働き方改革』と捉え、デジタル変革により『より想像的な業務へのシフト』を目指していくビジョンとその実現に向けた取り組みは、まさしく私たちがお客さまに貢献していきたいものであり、強い共感を覚えました。


今回のイベントでますますお客さまのデジタル変革に強く貢献し、またANAシステムズさまの内製化支援に向け『共に育つ』思いを新たにする機会となりました。


講演後は、QAセッションを行い。横塚さまを始め、たくさん方々から色々なご質問やお悩みの相談をいただきました。



最後は、横塚さまと一緒に登壇者で記念撮影。

参加者の方からも反響をいただき、とてもよいイベントとなりました!



今後も引き続き、このようなイベント活動を企画したいと思います。ぜひご注目ください。


「詳しい講演内容を聞きたい!」という方は、Agile Studio Fukui のページから、お問い合わせください。ご訪問してのサービス・事例のご紹介から、スタジオ見学、アジャイル開発のご相談まで幅広く対応させていただきます。(お問い合わせはこちらから


どうぞよろしくお願いします!!



96回の閲覧
ASF_logo_line.png
  • Facebook

 お電話でのお問い合わせはこちら

0776-25-8488

平日10:00~17:00まで。セールス目的のお電話はご遠慮ください。 

set-baseE_Y.png
ITS_logo_sign2.png

​株式会社永和システムマネジメント

​ITサービス事業部

 〒918-8231 福井県福井市問屋町3丁目111番地
 

© 2019 ESM, Inc.