検索
  • 豊嶋 崇靖

Scrum Fest Osaka 2020に参加しました

こんにちは。ITサービス事業部の豊嶋です。


今回、Scrum Fest Osaka 2020オブラブトラックの運営メンバーとして参加してきました!

なので、参加してみてその様子や感じたことを書いてみたいと思います。


Scrum Fest Osakaはスクラムやアジャイルについて、さまざまなコミュニティがトラックを設立し、2日間の講演やワークショップを通じて、知識やパッションをシェアする場です。


Scrum Fest Osakaには初めて参加しましたが、今回はこういった社会情勢のためフルリモートでの開催となりました。

なので、「参加してきました!」と言っても自宅からの参加になります。

家でパソコンの電源をポチっと入れて、大規模なフェスに参加するというのは新鮮ですね。


フェスでは基本的なツールとしてDiscordやZoomが使われました。

Discordでは左側に各トラックが並んでいて、まるで屋台がずらっと並んでいるようです。



基調講演や各トラックの講演ではZoomが使われ、聞きたい人はそれぞれのZoomにアクセスする感じです。

また、各セッションで使われるツールも多種多様で、オブラブではRemoを使ってのグループワークを行いました。


オブラブのセッション内容はこちら


アジャイルクイズ「アタック25」の様子

今回は約20のトラックと、あわせて約100のセッションが開催され、総勢500名くらいの参加があったようです。

私も2日目の最後で各トラックの様子のふりかえる、おさらいトークをしたのですが、

リモートといえども300人以上いる前で話すのは緊張しますね。

ただ、実際に300人の前で話すのに比べると、はるかに話しやすいのではと感じました。


今回のScrum Fest Osakaでは、北は北海道から南は沖縄まで日本中から参加者がいたようです。

各セッションの移動もマウスを動かすだけでできるので、この手軽さがリモートならではの良さだと思います。

またスピーカー(話し手)の切り替えがスムーズなのでサクサク進むのもリモートの利点ですね。


今後もフルリモートあるいは、一部リモートで開催される催しが増えてくるのではないでしょうか。

もちろん、対面でのリアリティさや臨場感には変えられませんが、リモートならではの良さがあることが分かり、とっても楽しいフェス体験でした。

0回の閲覧
ASF_logo_line.png
  • Facebook

 お電話でのお問い合わせはこちら

0776-25-8488

平日10:00~17:00まで。セールス目的のお電話はご遠慮ください。 

set-baseE_Y.png
ITS_logo_sign2.png

​株式会社永和システムマネジメント

​ITサービス事業部

 〒918-8231 福井県福井市問屋町3丁目111番地
 

© 2019 ESM, Inc.